子供の視力低下・予防プロジェクト

子供の視力低下は急激に進行していきます。仮性近視の段階で視力を回復して、早期発見・予防に努めましょう!

子供の視力低下を予防する知恵を解説!


子供の視力低下・予防プロジェクトでは、幼稚園児や小学生のこどもの視力減退を、いかに阻止し予防するかということをテーマに解説しています。

一昔前までは、小学校高学年から現れてきた近視の症状ですが、近年は、近視の低年齢化が進んできます。小学校低学年のみならず、幼稚園児の年長でも、近視を発症しているのです。

その背景には、任天堂DSやPSPなどの携帯型ゲーム機やテレビゲームの普及がもっとも大きな原因になっていることは誰の目にもわかるでしょう。そのうえパソコン、携帯電話のメール機能、夜間の塾通い、精神的なストレスの増加などなど、さまざまな要因が絡み合っていると思われます。

もともと遠視の度合いが少ない子どもほど、近視の進行は速く、急激に視力低下していきます。これは遺伝の影響ですが、これを助長しているのが、前述した環境要因なわけです。

そのほか豊かな食生活が子どもの眼球の成長を促し、眼軸を伸ばすという説がありますが、定かではありません。

ゲーム機に熱中すると、本や参考書を読むのとは、比較にならないほどの目の負担になります。視野のせまさ、まばたきの減少、長時間の目の緊張、強烈な光・・・。ましてや3Dの立体視ができるゲームソフトがニンテンドーDSで発売になれば、これはもう、ますます子どもはゲーム機にのめりこみ、子どもの視力低下は、病的なものになっていくことでしょう。

ゲーム機を作るのは、利潤追求のためでしょうが、大人たちはこういったことを考えているのでしょうか?ただ願わくば、ニンテンドー3DSの立体視ができるゲームソフトが、マジカルアイの平行法の原理で、子供の視力回復に有効であれば、これほどすばらしい革命はありませんね。

子どもの目を保護するためには、親がしっかりしないといけません。子どもは視力低下には無頓着であり、ほとんど関心がありません。視力0.1に低下しても、日常に不便がなければ、とくに悩まないものです。いわんや仮性近視をや、です。

子供の近視・近眼にかんしては、お子さんではなく、お母さんこそが悩み、真剣に対策を模索しなければなりません。だからこそ、こうやってインターネットで検索し、当サイトにも訪問してきているのだと思います。

子供の視力低下を予防する秘訣は、仮性近視の段階で早期発見し、早期対処することにつきます。仮性近視は偽近視、調節痙攣、調節緊張といわれ、このレベルなら、眼科医でさえ視力回復するといいます。

もし仮性近視を終え、本物の近視に突入すると、眼球が変形しだすために、視力のアップは容易ではありません。しかし、視力の改善は不可能ではありません。そのコツも、当サイトで解説していきます。

当サイトが、お母さんがたの悩みを解決し、子供の視力低下を予防するために、力になれれば幸いです。

子供の仮性近視を回復させる視力訓練の方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」




視力低下の予防と防止 強度近視の視力を回復させるには? 子供の視力回復・ネット学校 子供の視力回復を応援! 近視の予防の対策室 子供の近視を治すには?

子供の仮性近視を回復させる視力訓練の方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」

子供の視力低下を防ぐポイント