子供の視力低下・予防プロジェクト

子供の視力低下は急激に進行していきます。仮性近視の段階で視力を回復して、早期発見・予防に努めましょう!

サイトトップ > 子供の視力は眼科で回復する?〜通電治療やワック

子供の視力は眼科で回復する?〜通電治療やワック

子供の視力と眼科との関係について、よく知っておきましょう。

まず学校の視力検査(学校検眼)を受けたあと、検眼通知書に視力0.9以下のB評価、C評価、D評価になると、眼科の診察を受けて、眼鏡を作るように言われます。

それは視力0.7以下に視力が低下すると、学校の黒板の文字が後ろの席から見えなくなるからです。

まず眼科医というのは、視力1.0未満の目は異常であるとして、子供に近視めがねを装用させようとします。いきなりめがねを勧める目医者もいるから要注意です。

しかしふつうは、仮性近視からはじまるので、まずは子供の視力に眼科では、散瞳薬という点眼治療を試みます。ミオピン、サンドール、ミドリンMという目薬ですね。これによって毛様体筋の緊張を解くことができるので、子供の仮性近視が回復する可能性があります。

そのほか子供の視力に眼科のワックという、視力回復訓練機を使うこともあります。この視力回復器を覗くと遠くの景色を眺めるような効果があり、ぼやけたり、近づいてきたりします。雲霧法や望遠訓練ができるので、小学生の子供の仮性近視には有効です。

もし子供の視力が眼科の点眼療法やワックという機械によって、視力回復しないならば、それは仮性近視ではなくて、もうすでに真性近視に突入していたと見ることができます。真性近視は本物の近眼であり、たんなる毛様体筋の緊張を超えて、眼球が構造的に変形を始めている状態ですから、こどもの視力は眼科の治療法では、効果が出ないのです。

ただし全国の眼科には、先進的な考えを持った眼科医院も存在します。つまり視力は、訓練によって回復するという立場の眼科専門医です。こういった眼科の先生は、いきなりめがねやコンタクトレンズを処方したりせずに、まずは独自に考案した視力回復トレーニングを勧めたりします。あるいは緑黄色野菜に多いルテインといった視力サプリメントを患者さんに指導している眼科専門医もいます。

全国ではわずかですが、眼科の通電治療も行なわれています。子供の視力に眼科の通電療法は、かなり効果があります。もし点眼療法やワックに効果がなく、すでに真性近視に入っているとしたら、子供の視力回復には眼科の電気治療がいいかもしれません。

眼科の目の電気療法は、目に弱い電流を流すことによって、毛様体筋の緊張を解こうというものです。でも1回1000円以上かかるので、費用が気がかりですよね。週に1回程度でもいいと聞きます。

子供の視力を眼科でなんとかしようとすると、ここまでが限度です。レーシック手術は18未満(場合によっては二十歳未満)は受けれません。子供の視力は不安定であり、まだ定まっていないので、レーザー角膜屈折矯正手術を受けることはできないのです。

子供の視力を眼科にまかせるよりは、民間の視力回復トレーニングをしたほうが早いと思います。本屋に行けば、3Dの立体視ができる視力回復の本(マジカルアイ)や、100円ショップにはピンホールメガネが販売されているので、それを自宅で視力トレーニングしてもいいでしょう。

民間の視力回復センターのほうが、眼科よりは目の回復法の研究が進んでいると思います。もし家の近くに視力センターの施設がないときは、同じ内容の近視回復トレーニングを自宅にいながらにして実践することもできます。たとえばアイ・トレーニングの視快研の視力回復マニュアルです。

子供の仮性近視を回復させる視力訓練の方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」

子どもの視力低下を防ぐ方法一覧