子供の視力低下・予防プロジェクト

子供の視力低下は急激に進行していきます。仮性近視の段階で視力を回復して、早期発見・予防に努めましょう!

サイトトップ > 子どもの視力低下を防ぐ方法

子どもの視力低下を防ぐ方法

子どもの視力低下を防ぐ手立てはあるのでしょうか?

子どもの近視対策を考えるうえで、もっとも大切なポイントは、仮性近視の段階で早期発見することです。そのための重要な砦が、春の学校検眼なわけです。

小学校の視力検査では、今は細かい数値ではなく、A、B、C、Dの4段階で評価するようになっています。これは子供の視力は、薄目をしたり、その日の体調だったり、光加減だったりで、屈折の変化が激しく、視力が不安定な年代だからでしょう。そのため、大きなくくりでランクづけしていると聞いたことがあります。

小学校や中学校の健康診断の視力検診は、一年に1回しかありません。これが子どもの視力低下を許してしまっている原因の一つと思えてなりません。たとえば新学期が始まるたびに、学校検眼を実施してはどうでしょうか?学校関係者のかたには、真剣に考えていただきたいと思います。また、親御さんから、学校側へ申し入れや相談をすると、学校制度も変わっていくと思います。

子どもの視力低下は急激に進行していきます。
一説には、大人の3倍以上のスピードで視力が下がっていきます。ですから春の健康診断で視力0.8つまりB判定であっても、1年後には、視力0.2のD判定になることは、十分ありえるのです。

もし春に視力0.8であっても、2学期の初めに視力検査を実施すれば、そのとき視力0.6のC判定で、もしかしたら子どもの近視が視力回復するかもしれません。子どもの近視は早期発見がポイントなのです。

子どもの目と脳は、まだ柔軟性があるため、大人よりも視力改善の可能性に富んでいます。つまり子どもの視力は低下するのも早ければ、視力向上するのも、また早いというわけですね。

たとえば仮性近視の段階なら、眼科の点眼療法やワックという視力回復訓練機で治る可能性があります。もしこれで視力アップしなくても、眼科の通電療法によって、子どもの視力が向上する可能性があります。眼科の通電治療は、目に微弱な電気を流す眼科の治療法ですが、子供はまだ水分が多いので、電気がよく通るのです。

そのほか近くの視力回復センターに通院するという選択肢もできますね。いろいろな施設があり、なかにはあやしいクリニックもあるでしょう。でも東京視力回復センター、アイ・トレーニングの視快研、近視アスレチックの眼育総研は、良質な視力回復センターです。

もし自宅で子供の視力を回復させるのなら、本屋で3Dの視力回復の本を買ってきてもいいですね。たとえば平行法とか交差法で立体視ができる、3Dアートのマジカルアイなどです。マジックアイ・エクササイズともいいます。これによって内直筋や外直筋といった眼筋が鍛えられます。連動して毛様体筋も視力訓練することが可能です。マジカルアイは仮性近視、初期の老眼に有効なようです。

あるいはピンホールメガネといって、穴がたくさん開いたメガネがあります。100円ショップで売っているので、ためしに掛けてみてはどうでしょうか?もしこのピンホールアイマスクで子どもの視力低下がストップし、視力がアップしたら、費用も安いですし、すばらしいですよね?

もし眼科のワック並みの視力回復トレーニングを家で実践したいのなら、インターネット通販で、視力回復機を購入するという選択性もあります。ただし、かなりすすんだ視力0.1以下の強度の近視には、眼科のワックと同様、視力回復訓練機はさほど効果はありません。疲れ目の解消程度です。子どもの仮性近視や屈折性近視に効果があります。屈折性近視の場合は、毛様体筋の緊張やコリをほぐす部分に関しては、視力が回復すると思います。

そのほか自宅で無料でも、子どもの視力低下を防ぎ、視力を回復させることができます。遠くと近くを交互に見る水晶体体操法とか、遠くをじっと見る遠方凝視法、望遠訓練などです。目をギュッとつぶる動作を5回連続でやってみてください。最後は2〜3秒間維持します。そうすると目のなかに大量の血液が流れ込んできますから、やった直後は、はっきりと遠くが見えるはずです。

学校の黒板が見づらいとき、目を細めると、子どもの視力低下が急激に進行する原因になります。眼球の自然な微動を阻害してしまうため、外眼筋が緊張してしまうからです。

それよりも授業中に学校の黒板の文字が見づらいな、と思ったときは、前述したように目を強くまばたきすれば、遠くは明瞭に見えるのです。この目のエクササイズは、一時的な視力アップ、子どもの視力低下の予防、脳への血行促進などの効果があります。

インターネット上には、視力回復センターのインストラクターが作成した視力回復のマニュアルが販売されています。ここには、視力センターで指導していることと同様のことを、自宅でもできるように書かれています。疑問点は、メールで質問できるので、通信教育のようなものですね。興味があったら、下記のサイトをご覧下さい。

子供の仮性近視を回復させる視力訓練の方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」

子供の視力矯正〜メガネやコンタクトレンズの近視の矯正法

子供の視力矯正について、大事なポイントを解説します。まず視力の矯正とは、メガネやコンタクトレンズを装用することによって、視力を上げることです。眼科矯正器具という

子供の視力矯正〜メガネやコンタクトレンズの近視の矯正法

子供の視力回復トレーニングの方法とは?

子供の視力回復トレーニングの方法には、大きく分けて2種類があります。一つは視力回復センターに通院する方法、もう一つは自宅で簡単に視力訓練する方法です。東京視力回

子供の視力回復トレーニングの方法とは?

子供の視力低下の原因って?〜近視は近くの見すぎ

子供の視力低下の原因とは、一体何だと思いますか?だれもが思いつく近視の要因は、近くの見すぎでしょう。ほとんどのサイトでも同様のことを言っています。そしてまさに、

子供の視力低下の原因って?〜近視は近くの見すぎ

子供の視力検査について〜A、B、C、Dの4評価の判定

子供の視力検査は、幼児の段階だと、一般的な視力検査表では測定できないために、ランドルト環のCの形に切り抜いたものを使用したりします。乳幼児の視力検査は、まずは3

子供の視力検査について〜A、B、C、Dの4評価の判定

子供の近視とめがねについて

子供の近視用めがねは、学校の視力検査でもらう検眼通知書でB判定やC判定、Dランクになると、眼科で勧められます。しかしB判定である視力0.7〜0.9のうちは、仮性

子供の近視とめがねについて

子供の視力は眼科で回復する?〜通電治療やワック

子供の視力と眼科との関係について、よく知っておきましょう。まず学校の視力検査(学校検眼)を受けたあと、検眼通知書に視力0.9以下のB評価、C評価、D評価になると

子供の視力は眼科で回復する?〜通電治療やワック

近視の小学生が必要なこととは?〜外で遊ぶ

近視の小学生が増えています。小学生低学年だけではなく、幼稚園児の年長から、すでに近眼が始まっているというのですから、近視の低年齢化はどんどん進行しているようです

近視の小学生が必要なこととは?〜外で遊ぶ