子供の視力低下・予防プロジェクト

子供の視力低下は急激に進行していきます。仮性近視の段階で視力を回復して、早期発見・予防に努めましょう!

サイトトップ > 子供の視力検査について〜A、B、C、Dの4評価の判定

子供の視力検査について〜A、B、C、Dの4評価の判定

子供の視力検査は、幼児の段階だと、一般的な視力検査表では測定できないために、ランドルト環のCの形に切り抜いたものを使用したりします。

乳幼児の視力検査は、まずは3歳児検診ですね。
自治体によっては4歳児検診のこともあるようです。このときに、視力が正常に発達しているかが判明するわけです。病的近視(悪性近視)ではないか、遠視が強すぎないか、乳児内斜視や弱視はないかといった眼科の検査ですね。

小学生になると、入学したときに、学校で正式に子供の視力検査が実施されます。学校検眼ですね。たいていの児童は、視力1.0以上であり、1.5などです。もし春の学校での視力検診で、視力0.9以下のB判定だったら要注意です。仮性近視や遠視、乱視、弱視の可能性があります。

昔は、小学校や中学校での子供の視力検査は、一段階ずつ小数視力で測っていました。ところが最近は、A、B、C、Dの4段階で評価しているようですね。これを3.7.0方式といいます。3とは視力0.3、7とは視力0.7、0とは視力1.0のことです。

視力0.7は、学校の教室の一番後ろの席からでも、どの位置からでも、黒板の文字を難なく読める最低ラインといわれています。そのため、視力0.7がひとつの基準になります。

また視力0.3になると、一番前の席からでもよく見えなかったりします。メガネやコンタクトレンズによる視力の矯正が、かならず必要とされる目の段階です。

視力1.0は、眼科的に正常とされる健常視力であり、正視です。

ちなみに子供の視力検査のあと、渡される検眼通知書という視力の通信簿のようなものに記載されているA〜Dの4ランクについて。A評価は、視力1.0以上。B評価は、視力0.7〜0.9。C評価は、視力0.3〜0.6。D評価は、視力0.2以下となります。ここで、前述した3.7.0方式が採用され、ちょうど分割されているわけです。

子供の視力検査は、どうしてA,B,C,Dの4段階評価に変わったのでしょうか?それは子供の視力は不安定であり、精神的な緊張が加わると、それだけで急激に視力が低下したりするからです。これが深刻なレベルまで至ったものが、こどもの心因性視力障害です。

また、子供は目を細めてみてしまうと、視力検査表のランドルト環がハッキリ見えるので、子供の視力を検査する意味がなくなってしまいます。その日の体調の影響も受けるでしょう。

子供の視力検査は、たいていは学年が上がる新年度の春に、1回だけ実施されます。しかし、これでは少なすぎるといえます。とくに近年、ニンテンドーDSやPSPなどの携帯型ゲーム機の普及により、子供の近視化はますます進んでいます。それに加えて、夜間の塾通い、不審者から子供を守るために、できるだけ家で遊ばせる家庭事情などを、学校側はよく斟酌する必要があります。

私が提案したいのは、新学期の最初に、全国でかならず子供の視力検査を実施することです。子供の視力低下のスピードをご存じですか?大人の3倍以上になるのです。視力0.1のDランクなどあっという間です。そのため新学期ごとに子供の視力検査を実施して、あたかもドミノ倒しのストッパーのごとく機能させるのです。

そうすれば、眼科のミドリンMといった点眼薬やワックという視力回復訓練機で効果があるかもしれませんし、あるいは民間の視力回復センターに通院させよう、ということになるわけです。しかし視力0.3とか視力0.1にまで近視が進行して、軸性近視になってしまってからでは、どんな手を打とうが手遅れというものです。

学校で子供の視力検査をやるのはいいですが、子供の近眼や遠視、乱視、弱視を早期発見する役割を果たさなければ、せっかくの視力測定も台無しです。子供の視力は、早期発見、早期対処が大切なポイントなのです。早期対処は、早期発見があってこそ、できるものであることを知る必要があります。

子供の仮性近視を回復させる視力訓練の方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」

子どもの視力低下を防ぐ方法一覧