子供の視力低下・予防プロジェクト

子供の視力低下は急激に進行していきます。仮性近視の段階で視力を回復して、早期発見・予防に努めましょう!

サイトトップ > 子供の視力回復トレーニングの方法とは?

子供の視力回復トレーニングの方法とは?

子供の視力回復トレーニングの方法には、大きく分けて2種類があります。

一つは視力回復センターに通院する方法、もう一つは自宅で簡単に視力訓練する方法です。

東京視力回復センターやアイ・トレーニングの視快研、近視アスレチックの眼育は、優良な施設として知られていますが、自宅の近くにない場合があります。当サイトでは、そういった方のために自宅でも同様の子供の視力回復トレーニングができるマニュアルをご紹介していますので、最上段か最下段のリンク先を参考にしてください。

たとえば東京視力回復センターでは、室内凝視訓練法といって、壁にかかっている視力検査表のランドルト環を凝視する望遠訓練を行ないます。たしか一旦近くをみつめて、そのあと遠方凝視する方法だと思います。そのほかアイトレーナーという視力回復訓練機や超音波治療器ソニマックを併用して相乗効果を狙っているようです。

このように遠くをじっと凝視する視力訓練は、子供の視力回復トレーニングの方法として、とても有効です。この望遠訓練によって、毛様体筋が弛緩し、水晶体をより薄くできるからです。簡単に言うと、星を見る視力訓練と同様です。

いったん近くを見てから遠くを見るほうが、いきなり遠くを見るより、毛様体筋はよりリラックスできます。たとえば手に力を入れて、そのあとパッと手の力を抜くと、いきなり手の力を緩めるよりもリラックスできるものです。これと同様の原理で、子供の視力回復トレーニングも、近くを見ていったん毛様体筋を緊張させてから、そのあと遠くを見て毛様体筋を弛緩させたほうが、眼の筋肉がリラックスしやすくなるわけですね。

たとえば3秒間目の前の指を見たら、壁にかかっているカレンダーの文字を1分くらい凝視したりします。見えそうで見えないという指標のほうが子供の視力回復トレーニングとしては、効果的です。

そのほか遠くと近くを、もっとリズミカルに交互に見比べる、子供の視力回復トレーニング法もあります。これは筋肉の緊張と弛緩がひんぱんに起こるので、毛様体筋の強化につながり、目が疲れにくくなります。同時に、毛様体筋を弛緩させる効果も狙えるのです。

以上述べてきた子供の視力回復トレーニングの方法は、小学生の子供の仮性近視の段階に、特に有効です。もし屈折性近視であっても、毛様体筋の緊張の部分にかんしては、視力アップがのぞめます。

このような子供の視力訓練法は、前述したように家で無料でもできますし、眼科のワックという視力回復訓練機を使ってもできます。そのほかインターネットで販売されているアイトレーナーとかスーパービジョン、エコーアイトレマシン、ビジョンブライト、メガトレといった視力回復機器でも、同様の毛様体筋のトレーニングが可能です。

市販されているマジカルアイとかマジックアイ・エクササイズといった、立体視ができる3Dアートの視力回復の本もいいですね。平行法や交差法によって、外眼筋を視力訓練できます。ただし、これも同様に仮性近視の視力改善程度です。ピンホールメガネも100均で販売されています。自宅でずっとかけていると、目の疲れ解消に役立ちます。仮性近視には有効だと思います。

自宅で無料で子供の視力回復トレーニングを実施したり、本屋で視力の本を買ってきたり、ネット上で視力回復器を購入するのもいいでしょう。しかし仮性近視には有効でも、視力0.1以下の強度の近視には効かなかったりします。

そこで視力アップの専門家やインストラクターがいる、視力回復センターということになりますが、通うのが大変だったり、通院が続かないといったことも起こりがちです。そこで自宅でも、子どもの視力回復トレーニングをできるように、カリキュラムを組んだ視力回復プログラムがあります。

こういった視力のマニュアルを利用すれば、視力のセンターに通わなくても、同様のことが家にいながら簡単にできます。とくに塾通いとか習い事などで忙しい場合、帰宅してから視力回復トレーニングをしたいこともあるでしょう。そういった場合に、このような子供の視力回復トレーニングの通信教育は、重宝すると思います。

子供の仮性近視を回復させる視力訓練の方法はこちら↓

>> 1日たったの13分だけの「アイトレーニング」

子どもの視力低下を防ぐ方法一覧